TOP > 記事一覧 > 治具無しで極性変換可能なLCユニブーツコネクタのご提案
 

治具無しで極性変換可能なLCユニブーツコネクタのご提案

タグ :
LC
データセンター
工具
高密度
LCロールオーバー ユニブーツコネクタ
SLCUT-2PHPR[]-[][] ※(特許出願中)
 ・治具を使わないでABの極性を交換できるLCユニブーツプラグです。
  極性を交換する際にプラグ本体を分解する必要がないため、ファイバーがむき出しにならず、
  切断などの事故が起きる危険性がありません。



1.お客様の状況とお困りごと

   ・製品を組み立てた後に、2心プラグのA端B端を逆に組立てたことが発覚しました。
    A端B端の極性変換が必要になったため、治具を使用しプラグ本体を分解して極性変換を
    実施しようとしたところ、ファイバを破損させてしまいました。
    コネクタ費用だけではなく、組立て工数や時間も無駄になってしまいました。


2.三和からの提案

   ・ファイバに負荷を掛けずにAB変換するために、プラグ本体とラッチ部を分離できる構造にして
    表裏をひっくり返すことで極性変換を簡単に出来るプラグを開発しました。


    


3.導入後のお客様の声

   ・治具を使わずに簡単に極性変換が実施できるようになり、さらに作業時にファイバが
    むき出しにならないため、これまでの極性変換作業に伴うリスクが解消されました。





◆関連製品の詳細ページへ

     

      
  • LINEで送る