TOP > 記事一覧 > 交換装置や伝送装置向けMU減衰器挿抜工具のご提案
 

交換装置や伝送装置向けMU減衰器挿抜工具のご提案

タグ :
MU
工具
高密度

MU減衰器挿抜工具

 ・ピンセットの使いやすさをそのままに、MU形光固定減衰器の挿抜ができるように追加工が施された
  工具です。



1.お客様の状況とお困りごと

  ・MUコネクタを並べた時のピッチが、4.5mmと狭いため、MU8連、16連の多連アダプタや簡易レセプタクルに
     MU形光固定減衰器の取付けや抜去作業を行う事が非常に困難な状況です。
  ・従来のSCコネクタの場合は、手で挿抜作業を行う事が可能でしたが、SCコネクタに比べて小型になっている
   MUコネクタの場合は、手による挿抜作業が困難です。
  ・MUコネクタが連続して並んでいる為に、無理をして手作業を行おうとしても目的の箇所と異なる隣の減衰器に
     触れてしまったり、掴んでしまう事もあります。
  ・光ケーブルを選り分けて手を入れる為、既設の光ケーブルに負荷がかかっている事も気になります。



2.三和からの提案

  ・作業点となる工具の先端を細くして、MU形光固定減衰器の外形に合うように加工を施し、
   ピンセット形の工具を設計開発いたしました。

  ・狭い隙間に手を入れて作業する際に、掴む、引き抜く、差し込む動作を、MU形光固定減衰器用抜去工具を
   使用する事で
減衰器の挿抜を正確に行えます。
  ・既設の光ケーブルへの負荷も、隣り合うMU減衰器への干渉も極力少なくし、目的の減衰器のみを挿抜することを
   可能にし、
安全に作業を行えます。
 
          



3.導入後のお客様の声

  ・手や指を差し込んで作業を行っていた時に比べ、隣合った実装済みの減衰器や光ケーブルへの干渉が少なくなり、
   確実で安全な抜去作業が行えるようになりました。
  ・挿抜工具がスリムな形状で、一定の長さがある為に、手を奥まで入れて作業を行う必要がなくなり、
   既設の光ケーブルに負荷がかからなくなりました。



◆関連製品の詳細ページへ


        
MU光固定減衰器 4.5mmピッチ用  LC/MU変換光固定減衰器



MUカタログページへ






  • LINEで送る