TOP > 記事一覧 > データセンター向けガタツキ防止機能付きLCアダプタのご提案
 

データセンター向けガタツキ防止機能付きLCアダプタのご提案

タグ :
LC
カスタマイズ
データセンター
高密度

スイングシャッタ付LCアダプタ 2心4心

 ・パネルに取付後、パネル取付穴とアダプタの隙間によって生じる「ガタガタ」を無くした製品です。   
           

1.お客様の状況とお困りごと

  ・データセンターなどで用いられている中継パネルや中継BOXに光アダプタを搭載していますが、
   取り付け穴の寸法公差や塗装のムラによって光アダプタとの間に隙間が出来ます。
  ・中継パネルや中継BOXを揺らすと、光アダプタと取り付け穴の間の隙間からカタカタと音が生じ、
   実際に光アダプタも揺れてしまっています。
  ・光アダプタに光ケーブルを接続してフォーミングすると、光アダプタも引っ張られて傾いてしまいますし、
   下手をすれば光アダプタが中継パネルなどから抜けてしまわないか心配です。
  ・対策として光アダプタを中継パネルの取り付け穴に取り付けたあとに、生じた隙間を埋めるためのプレートを
   挿入してガタツキを防止していますが、非常に手間がかかってしまいます。
  ・ネジ止めにすれば、ガタツキを無くせるのですが、ねじ止めのスペースにより、
   高密度実装が出来なくなってしまいます。



2.三和からの提案

      ・取り付け穴の寸法はJISで規定されていて、光アダプタの寸法より大きめに開けられることが一般的です。
  ・取り付け穴と光アダプタの隙間は本来は生じることが普通のことですが、今回光アダプタの外側に
   金属の板バネを取り付けてその隙間を埋める構造を実現いたしました。
  ・板バネを取り付けることで、取り付け穴の規格と光アダプタの寸法の規格によって生じる隙間をなくし、
   ガタツキを防止いたします。
  ・2芯タイプに加えて、4芯タイプもお取り揃えいたします。
   更に、LC2芯アダプタはスリムタイプにすることで、SC単芯アダプタの取付穴をそのまま使用できます。
   LC4芯(スリム)アダプタは、SC2芯(F型)アダプタと取付穴寸法が同じです。

 



3.導入後のお客様の声

  ・ガタツキを防止する為の板バネが付いたことで、ネジ止めや、間にプレートを入れる必要がなくなり、
   今までの作業が軽減され作業効率が上がりました。
  ・ガタツキが防止された事で、光アダプタの微妙な傾きが一定になり、光アダプタに光ケーブルをフォーミングしても、
   光アダプタが引っ張られて傾く事がなくなり、安定した作業を行えるようになりました。
   また、光ケーブルの挿抜時にもガタツキがなくなり、光コネクタの着脱が容易になりました。
  ・SC単芯アダプタの付いたパッチパネルに、LC2芯(スリムタイプ)アダプタをそのまま取付けが出来るので、
   取付穴を確保し直す手間が省けました。



◆ガタツキ防止機能付きの製品一覧


        
LC 2心アダプタ                      LCアダプタ 4心アダプタ
(スリムパック)ガタツキなし       (スリムパック)ガタツキなし
  

             
  LC防塵アダプタ 2心            LC防塵アダプタ 4心


  • LINEで送る